むくみとセルライトの関係

セルライト予防方法

立ちっぱなしや座りっぱなし、飲酒、寝不足、栄養の偏り、塩分・水分の過剰摂取等の原因により、血液循環が悪くなり、老廃物が溜まり、むくんでしまうことは誰にでも起こりうる症状です。

そして運動やマッサージや食事や生活習慣に気をつけることで軽度のものは比較的改善しやすいものです。しかし、そうして油断しているといつの間にかセルライトができてしまうことがあります。

むくむことで余分な水分がリンパ管や毛細血管が圧迫します。

リンパ管や毛細血管が圧迫されると、余分な水分や老廃物が排出されずに溜まり、老廃物と脂肪細胞がくっつき肥大化しセルライトになります。そして、セルライトや余分な水分や老廃物が、酸素や栄養素の運搬を邪魔し、さらに代謝を悪くし、さらにむくみ、さらにセルライトが強力なものになってしまいます。

こうなればむくみも慢性化、セルライトはどんどん強固なものとして定着、増加してしまいます。

セルライトはできてしまったら、食事制限や運動では改善できない為、マッサージなどが必須になります。それには痛みが伴い、簡単にはなくすことができません。

また、おしりや太もも、お腹、背中、二の腕などの目に付きにくい普段は見えないところにできやすいものです。

むくみとセルライトの悪循環を作る前に、対処しやすいむくみやセルライト初期のうちに気づくことが大切です。