アルコールで体の水分バランスが乱れる!

お酒でむくむ原因

お酒を飲んだ翌日にむくむ原因は簡潔に言うと水分の過剰摂取が原因です。

アルコールを分解するには水が必要です。そのためアルコールには血管内脱水という体内の水分を奪う作用があります。

そのため血液濃度は高くなり、これを正常な状態に保とうと体が血管内に水分を補おうとします。

まだ酔ってないうちはこのことが正常に機能します。しかし、酔いが深くなると体内の水分量を調整する機能もうまくいかなくなり、水分量が余分に増え、溜まってしまいます。

お酒を飲むと体が水分を欲していると感じますよね。そして欲するままに水をゴクゴク飲んでしまいます。

このことが次の日のむくみにつながると言われています。アルコールが体内に有り続ける限り、アルコールを分解しようとする機能が働き、身体に水分が必要とされてむくみは解消されません。

ですのでアルコールを分解するには、アルコールの入ってない水分を補給しなければ終わりがないのです。

アルコール分解に水は欠かせないものですから水分を取ること自体は間違っていません。

いくらダイエット中だからといってむくみを気にして水分を減らすのは危険です。

大切なのは体内の水分量を調整する機能もうまくいかなくなるまで飲まないこと、といってもアルコールに対する強さは人それぞれで難しいものです。簡単な対策としてはアルコールと水を交互に飲むことで水分量のバランスは取りやすくなります。

アルコールを摂取すると血行がよくはなりむくみに良さそうですが、飲みすぎては結局むくみを招きます。

また、寝る前の飲酒は途中トイレに起きるので睡眠の質が悪くなります。寝不足はむくみに大敵です。

またお酒のおつまみは塩分の多いものがあります。塩辛いおつまみを食べることで、喉も渇き、お酒も進み、を繰り返し、結果として水分の摂りすぎにも繋がります。

塩分の摂りすぎは次の日の体や顔のむくみの原因と繋がります。

お酒はむくみやすさだけでなく、塩分やカロリーの取りすぎにも繋がります。

お付き合い上お酒の席にまったく参加しないのは無理があるとおもうので、せめてカリウムやビタミンE、ミネラルを多く含んだおつまみを選ぶようにしてください。